NGSグループの整骨院

痛み解消の答えがみつかった!

板橋区、朝霞市、和光市の整骨院
子供からお年寄りまで
20万人以上の施術実績と経験!

日常生活や事故後の
こんな症状を改善します!
girl33.png

Attention30.png骨折、捻挫、腰痛、神経痛で日頃から悩んでいる

Attention30.png頭痛、手足のしびれ、自律神経失調症で調子がわる

Attention30.png変形性関節症の治療、脳梗塞後のリハビリをしたい

Attention30.png肉離れ、捻挫などのスポーツ障害から早く復帰したい

Attention30.png事故の直後は大丈夫だったけれど、次第に痛みや違和感を感じるようになった

Attention30.png事故後、首や腰に張りや凝りを感じ、脱力感があり食欲がない

Attention30.png総合病院へ通っているが、長い時間待たされて牽引と貼り薬だけだった

Attention30.pngレントゲンでは異常が無いのに痛みや違和感に悩まされる

Attention30.png整形外科に通院しているが交通事故専門の治療院があると聞いた

Attention30.png保険が使えるのか、保険会社とどう交渉していいか分からない

Attention30.png保険会社の補償金や対応に不満がある

そんなお悩み解決いたします

girl1.png
今すぐこちらをタップ↓
120/60.gif120/60.gif
通話料は無料です

girl25phone.png



NGSグループは創業わずか五年で延べ 20万人 の方を治療してまいりました。

NGSグループの各院ではポキッ、パキッと鳴らすような患者様の心理的に負担になる無理な治療はしません。

国家資格をもつ柔道整復師が痛みの原因を注意深くさぐり出し安心の施術をします。

地域に密着しかかりつけ医として通話料も無料にて迅速かつ丁寧にご相談に応じます。

girl2.png
東武東上線沿線に展開する整骨院です
お近くの院でお待ちしております


NGS整骨院グループ



成増丘整骨院・ひかり整骨院・成増北口整骨院•とくまる整骨院・みはら通り整骨院


病院で治療を受けながら、整骨院に通うのもひとつの方法です。また他の整骨院や整体院で施術を受けてからセカンドトリートメントを受けるのも大歓迎です。

骨折、脱臼、捻挫、肉離れなどの怪我の治療はもちろん、交通事故後のむち打ち症、筋挫傷、打撲など、患者様の個々の症状に合わせ手技や電気などの施術を行ないます。

さらに疲労やストレスによって引き起こされる自律神経失調症、さらにスポーツ障害、お年寄りのお体の悩みに対応いたします。


とくにむち打ち症には交通事故のエキスパートによる治療が大切。

慢性の腰痛や肩こりの痛みなどの症状には万全のサポートと改善をいたします。

痛みの原因となる背骨や骨盤などの骨格のゆがみとおおよそ206本ある人間の骨のそれぞれ1本1本の骨のズレを調整・矯正して症状を改善いたします。

accident6.png

交通事故はあってはならないものですが、それでも車社会のなかにあって事故はつきもの。

事故後のトラブルで、自分ではどうにもならない、もしくはどうしていいかわからないなど、人には言えない悩みをもつ方が大勢いらっしゃいます。

がまんや泣き寝入りをしないよう、事故にあったら最後まで十分な治療が受けられるためには、早急に交通事故専門の弁護士に相談するのがベストです。

交通事故の保険会社による補償は多くの場合、弁護士を通すことで保険金は大きく上がるのをご存知ですか?

なかには弁護士が介入することで、保険金(慰謝料)が135万円から400万円と三倍になったケースもあります。


つづきは
arrow2.png
交通事故治療の流れのページへ
accident8.png
【ここがポイント!事故後気をつけたいこと】


交通事故後に気をつけたいのは、事故によるむち打ちは発生する頻度が高く、事故直後は症状が出ないことがしばしばあります。

忙しさにかまけてそのまま放置してしまうケースが多いことです。
たかがむち打ちだと思いほうっておくのは大変危険です。

むち打ち症は、数日後から数週間後に自覚症状が出る事が多く、まれに数年後に発症というケースもあるからです。

【具体的な症状として】



自覚症状が出るとすると、首のあたりの運動痛があり、さらに後頭部や肩甲骨のあたりや腕の上部に広がってきます。

めまいや嘔吐感、耳鳴り、腕の上あたりがしびれたり倦怠感などの症状が出てきたら要注意です。

そんな時には迷わず身近な整骨院に電話相談かお問い合わせフォームで相談しましょう。

交通事故後の示談交渉や裁判を考えているのであれば、交通事故専門の法律事務所の弁護士に相談するのがベストです。



その痛みまだ我慢しますか?!

お問い合わせはお気軽に
こちらをタップ↓
120/120.gif120/120.gif

交通事故治療なら
自賠責保険で費用は0円、
通話料無料のご相談で即解決!
労災、生活保護にも対応。

code7zeroen.jpg

doc1.jpg

各院のご紹介

お近くの院へお越し下さい

成増丘整骨院
院長 内山誠二

東京都板橋区成増3-17-14 ヴィレッジ成丘101
「すべてはお客さまのために」がモットーの整骨院。一日100名の方が来院されるほどの評判が自慢です。
受付時間
月曜日~金曜日/9時から12時30分 15時~19時30分
土曜日 9時~15時
日曜、祝日、第一水曜日は休診いたします。

こちらをタップ↓
120/60.gif120/60.gif
通話料は無料です



増北口整骨院
院長 伊藤翔

東京都板橋区成増3-41-17
来院された方との「一期一会」を大切にしています。
受付時間
月曜日~金曜日/9時から12時30分 15時~20時
土曜日 9時~15時
日曜、祝日、第一水曜日は休診いたします。

こちらをタップ↓
120/60.gif120/60.gif
通話料は無料です


とくまる整骨院
院長 長谷川誠治

東京都板橋区徳丸1-7-12
患者様との信頼関係を大切に最初の一歩を踏み出すお手伝いをいたします。
受付時間
月曜日~金曜日/9時から12時30分 15時~20時
土曜日 9時~15時
日曜、祝日、第一水曜日は休診いたします。

こちらをタップ↓
120/60.gif120/60.gif
通話料は無料です


みはら通り整骨院
院長 望月信孝

埼玉県朝霞市三原5-10-20JUN朝霞ビル
お子様からお年寄りまで気軽に来院していただける整骨院です。
受付時間
月曜日~金曜日/9時から12時30分 15時~20時
土曜日 9時~15時
日曜、祝日、第一水曜日は休診いたします。

こちらをタップ↓
120/60.gif120/60.gif
通話料は無料です


ひかり整骨院
院長 須藤由都

埼玉県和光市新倉3-5-28
地域に密着し身体だけでなく心も安らぐ整骨院をめざします。
受付時間
月曜日~金曜日/9時から12時30分 15時~19時30分
土曜日 9時~15時
日曜、祝日、第一水曜日は休診いたします。

こちらをタップ↓
120/60.gif120/60.gif
通話料は無料です


arrow2.png
交通事故治療の流れのページへ


girl32.png
【肩こりと上手くつきあう法 】


肩こりに到る過程はまずは肩の筋肉が緊張することからはじまります。

そしてその周囲の血管が圧迫されて血液の流れが悪くなる→血液の流れが滞って疲労物質がたまる→肩こりとなります。

すでに現代病とも言われている肩こりですが、その発生要因は人それぞれでありストレスや意外なところでは顎の関節症が原因であるケースもあります。

自分がおかれている環境やライフスタイルにとても関係がふかいので、その治療法もさまざまです。

肩こりは肩甲骨の周辺の筋肉組織の張りがその原因のほとんどです。

その筋肉組織の血液の流れが滞っていたりすると、筋肉組織の硬直がおこりそれが肩こりの症状となってあらわれてきます。


1 パソコンの長時間の使用によるもの

筋肉組織の疲労によるものとしては、パソコンなどのお仕事上同じ姿勢でデスクワークをしていること。
また夏などに空調が効きすぎている場所に長時間いることで、肩周辺や全身の血液の血行不良で筋肉組織がこう着してしまうこと。

2 アゴ関節症によるもの

顎の噛み合わせが原因であることもあり、顎の噛み合わせが悪いと筋肉につよい負担がかかります。この負担が続くと肩こりの原因になります。

3 視力が原因にも

また視力が悪く上手く視力が矯正できてなく、無理に見ようとすることで眼精疲労をおこして肩こりが悪化することがあります。

4 ストレスも原因に

精神的なストレスが発散できず、それが肩こりの原因になります。ですので軽い運動をするなどストレス発散することが大切です。

肩こりの症状で代表的なものは肩が重い、張りを感じる、だるいなどです。そして、さらには肩だけではなく首がしめつけられるような不快感や痛みを感じることもあります。そしてこれらの症状が重くなると頭痛や嘔吐感が出ることもあります。

肩こりの原因は前述したように、さまざまな原因があります。

さらにくわしく見てゆくと血圧が関係しているもの、いつも同じ姿勢をとっていること、目の疲労や運動不足それにストレスなどです。

【肩こりを伴う疾患 】



一般的には「四十肩」や「五十肩」さらには「六十肩」とよばれるものです。

これらは学名では肩関節周囲炎といいます。これは肩の関節とその周囲の組織が、恒常的に炎症をおこしている状態です。

腕を上げたり後ろに腕をまわすことが困難になります。この肩の痛みは人にもよりますが半年から一年半くらいで快癒します。適度の運動ではやく回復するケースもあります。また、変形性頸椎症といわれるものもあり、これは頸椎が変形しておこる疾患です。

首の骨と骨の間のクッションの役目をしている椎間板が減ることで、椎骨がとげのようになります。このとげが頸椎の間から肩への脊髄神経を圧迫刺激して、首や肩、腕に痛みやしびれ、凝りの症状がでます。これも加齢が原因のこともあります。

女性の場合は、更年期障害での肩こりで閉経の時期に女性ホルモンのバランスがくずれて、心身に影響をおよぼします。このことでおきる疲れやだるさ、のぼせやイライラ感そしておきるのがいわゆる肩こりの症状です。

以上述べたように原因がわかれば肩こりの予防策が次第に見えてきたのではないでしょうか。

それではやっかいな肩こりとどのようにつきあえば良いのでしょうか。

【 肩こりの予防と対策そして実践 】



肩こりは病気でない病気とも言われていますが、症状がわからないまま放置しておくのは危険です。

自分や家族での対応にも限度があるので、最寄りの接骨院をたずねてアドバイスを受けるのが賢明です。

とりあえず自分でできる方法としては以下のことを試してみましょう。

1 血行を良くすることでそのためには毎日あたたかいお風呂にはいること。これは筋肉組織をほぐすのには最適です。また温湿布をすること。

2 ストレッチをすることは、血流のためにもよいことで持続的なデスクワークでは一時間以内とします。

また作業の間にはかならず10分から15分程度の休憩時間をとることで、これは厚生労働省が決めたVDT作業(コンピューターでの作業)のガイドラインにも定義されています。

3 身体の冷えの防止をしましょう。体が冷えると、血液のめぐりもわるくなるので夏は冷たいものをとるのをひかえます。

また肩こりベルトを着用することでもある程度、肩こりを防止できます。 

症状がひどいようなら、総合病院や整形外科での受診ということになります。

肩こりの治療薬として筋弛緩作用の薬などもありますが、外科的な方法や薬物にたよらない方法もあります。

薬物や外科的方法が自分に合っていないと思うのであれば、身近な町の接骨院や整骨院または鍼灸整骨院で診てもらうこともできます。

【 整骨院、接骨院は安心か 】




整骨院や接骨院は外科的手術をせず、手技療法を主に行なう非観血的療法です。

整骨院や接骨院では手技や器具を使い、整復や固定をして人間本来もっているホメオパシス(治癒能力)を高める治療をするので、整形外科での治療と違いストレスがすくなく身近な施術といえます。

ですので薬物治療や外科的治療を好まない方は、整骨院や接骨院でアドバイスを受けるのも一つの方法です。

マッサージ師によるマッサージでの治療法は、症状によっては効果がないばかりか禁忌的なものもあるので院の柔道整復師によく相談してから実行するようにしましょう。

※ 柔道整復師とは国家試験を受けて、合格するとその資格を得ることができます。

厚生労働省の認可のもと臨床研修を受けた後「整骨院」や「接骨院」を開業でき、さらに病院や整骨院や接骨院での勤務が可能となります。

あん摩、マッサージ、指圧師とも国家資格が必要ですが、厳密には一線を画すことになります。

したがって民間資格である「整体」と「カイロプラクティック」とは明確な違いがあります。

すでに述べたように、病院の整形外科との違いは整骨院や接骨院は手術をしない「非観血的療法」です。

骨や関節、筋、腱、靭帯に起るところの急性や緩性の原因で惹起される骨折、捻挫、打撲、挫傷などの損傷に対して、整復や固定をして人間本来もっているホメオパシス(治癒能力)を高める治療をします。

整形外科や病院での外科的手術や、薬物を使用しての治療を好まない方は、手技や器具を使う「非観血的療法」で快癒をめざす方がふえているようです。

man.png


いずれにしても自分にあった治療をうけるのが大切です。